スポビズライフなブログ

スポーツビジネスやらデジタルマーケやら地域活性やら好きなものを綴るブログ

「三浦海岸から原宿まで毎日電車通勤するの大変じゃない?」ってよく聞かれるから先に答えておくことにした

こんにちは、わかつき(@tsubasa_waka)です。

 

今日は少し移住ネタを。

 

タイトルのとおりですが、僕は家がある三浦海岸から会社がある原宿まで毎日電車で通勤しています。片道1時間40分程度(乗り換えは1回)で、原宿からの終電は23時すぎと早いです。

 

そんな移住生活のことを話すと、決まって「通勤時間が長くて大変じゃない?」と聞かれるので、改めて整理してみました。

 

結論から言うと、思っているほど大変ではありません!というのが回答です。

 

長い通勤時間が有意義なワケ

いくつか理由があるので説明します。

 

行きも帰りもほぼ座れるようにしている

まず行きについて。

三浦海岸駅は、始発駅のすぐ隣りにあります。土地柄東京ほど混んでいることもありませんので、ほとんどの場合座ることができます。

 

とはいえ、朝の通勤時間帯はそれなりに混みます。座るために一度始発駅である三崎口駅まで行く人も多いようです。

 

が、僕の会社は10時始業で、他の会社よりやや遅いです。だいた8時〜9時始業のところが多いのでは?東京や横浜まで距離がある三浦海岸は、8〜9時始業の会社員の方が6〜7時台に電車に乗りますが、その時間帯は結構混んでいるんですよね。僕は8時台に乗るので、がらがらです。

三浦海岸から乗換駅である品川までの1時間10分は座りっぱなしなので、かなり楽です。品川から原宿までは山手線で15分程度なので、座れなくても問題ない。

 

次に帰りについて。

品川駅から京急線に乗る際に、普通に快特や特急に乗るとほとんどの場合座れません。ギュウギュウの電車で立ちっぱなしになるのはかなりつらいです。

なので、必ず品川始発の電車に乗るようにしています。それも、10分くらい前から並んでおけば、ほぼ確実に座れます。これで三浦海岸までは座りっぱなしです。

たまに指定席券を買って京急ウイング号で悠々と帰っています。

 

 

仕事も読書も、睡眠もできる

上述した通り、僕は基本的に三浦海岸〜品川間を座れるようにしているので、その間様々なことができます。

まず僕の場合PCを開ければ仕事ができるので、単純作業や調べ物など、集中度が高くなくても良くかつ重要な情報を扱わないような作業的な仕事を行うことが多いです。返せるメールもスマホを使って返しています。なので、通勤時間の長さゆえに仕事が圧迫されることはほとんどありません。

 

また、座れるのでゆっくり読書もできますし、Youtubeを見たりAmazonビデオで映画を観たりすることもできます。もちろんゆっくり寝ることも。

 

 

習慣化したいことに取り組める

これ、地味に重要なポイントです。僕の持論ですが、何か新しいことを習慣化したい場合、既存の習慣に抱き合わせるとうまくいきます

例えば、筋トレを習慣化したいなら、歯磨きをした後にかならず筋トレをするルールを作ります。毎日必ず歯磨きはすると思うので、自ずと毎日筋トレに取り組むことになります。1か月ほど続けば、歯磨き関係なく筋トレ自体が習慣になっています。

 

平日は毎日必ず片道1時間40分電車に乗るので、読書であったりwebメディアの記事読みなんかは習慣化しやすいです。他にもブログ更新や自分の振り返りを行う時間に充てていきたいですね。

 

このように、僕はけっこう長い通勤時間を有意義に使えている自負があります。

img_8020

 

 

とはいえ通勤時間は短いに越したことはない

書いてその通りですが、いくら有意義に使えているとは言え、電車の中は集中力が落ちますし普通に家やカフェで読書した方が捗ります。電車の中では作業もしにくいです。

 

自宅作業ができるようにするなど通勤自体をカットするように努力していった方が良いに決まっています。三浦海岸に住んで東京の会社に通うより、三浦海岸に住んで三浦海岸で働ける環境を整えることが重要です。

 

最後に

とりあえず最低限は三浦海岸から東京の会社に通って生活することはできるので、移住を検討している人は参考にしてみてください。

 

それでは!