スポビズライフなブログ

スポーツビジネスやらデジタルマーケやら地域活性やら好きなものを綴るブログ

なぜ三浦海岸へ移住したのか、理由を書いてみたよ!

こんにちは、わかつき(@wakatsuba)です。

三浦海岸は夜風が涼しく、扇風機すらつける必要がないくらい快適な環境です。お店が閉まるのも都会に比べて早く、人通りも少ないため周りも静か。東京や川崎に住んでいたころに比べ、特に休日ですが穏やかな生活をおくることができていると思います。もちろん今まで住んでいたところも良かったですし、シェアハウス生活なんかは刺激的でもありました。ただ、今は三浦海岸の穏やかな生活が最適です。

 

さて、タイトルに関して、移住について思ったままに書いてみました。そもそも、僕の場合は職場は東京のままですし移住というよりは引っ越しでしかないのかもしれません。(移住の定義の1つは、その地の職に就くことだと思っています。移住論についてはまた記事にしたいと思います)。それはさておき、「なぜわかつきは三浦海岸に移住したの?」とよく聞かれることが多いので、今回書いていきたいと思います。

 

三浦海岸への移住を決断した理由

1.フレスコボールの夏の本拠地だから

IMG_9268

フレスコボール協会さんの夏の本拠地が、ここ三浦海岸です。

 

今年に入ってフレスコボールに出会い、普及側として携わっていこうとできる範囲で活動している中で、せっかく普及するなら自分自身が三浦海岸に移住してしまった方が面白いだろうなと思いました

 

これが理由その1。

(普及活動の様子:7月4日に三浦海岸でフレスコボール体験会をやったよ!テレビデビューもしたよ!

 

 

2.海が見える家に住みたかったから

0426_1

僕は海がない山梨県に生まれました。

 

高校まで山梨で育ち、大学から東京に出てきました。大学に入ってから趣味の街歩きで江ノ島やら湘南やら海が近いエリアに行くと、なんとも言えない憧れを抱くようになりました笑。広大な海の綺麗さに魅了されたといいますか笑。また、小説や映画で海が見える家に住む人の生活をみると、ぼんやりとした憧れがよりはっきりと、強くなっていきました。

 

いつかは海が見える家に住みたい」。これが理由その2。

 

 

3.移住する友達が何人かいて羨ましかったから

0601_8

これはシンプル、ただの羨望です笑。

 

僕は昔からいわゆる地域活性に興味がありました。というよりも、生まれ育った山梨県甲府市を自分なりの付加価値をつけてもっとより良い街にしていきたいなといまでも思っています。ただそれは10年20年先のひそかな目標として胸にしまい、そこに向けて簡単ではありますが逆算して行動してきたつもりです。

 

が、ここ最近、偶然なのか何人かの友人が地方に完全移住し、それぞれのやり方で地域活性の活動を行うようになりました。ものすごく楽しそうに。そんなの見ていると、憧れちゃいますよね笑。自分も早く行動したいと。

 

ざっくりですが、これが理由その3。

鳥取に移住した友達の様子:鳥取県大山町にあるシェアハウス「のまど間」に行ってきたよ!

 

 

4.今このタイミングしか三浦海岸へ移住できないと思ったから

IMG_9360

これはタイミングと決断の話です。

 

今の自分の状況だからこそ、思い切って移住が決断できました。今の職場環境で(業務内容や就業時間、企業文化)、今の年齢で(結婚やら何やら考える必要が高くない)、今の気持ちの勢いで。職を変えて人間関係を変えるような本来の移住ではなかったからかもしれませんが、それでも居住地を大きく大きく変える決断をできたのは、明らかな好機だったからです。

 

これが理由その4。

 

 

最後に

僕が三浦海岸に移住した理由は、だいたい書いてきた通りです。

 

今の生活には、ほとんど満足しています。夏真っ盛りで毎週海水浴を楽しんでいますし、たくさんの人にフレスコボールを体験してもらっています。満月を見ながら友達と砂浜でお酒を飲み、美しい朝日を眺めることもできます。そして少しずつですが、三浦在住の方と知り合うことも増えてきました。もっともっと三浦海岸のことを知っていきたいですね。焦らず、ゆっくりと。

 

フレスコボールの普及活動含め、僕は三浦海岸でしていきたいことがいくつかあります。それはまた今度、記事にしていければと思います。

 

それでは。